ホールインワンやアルバトロスとゴルフ保険

以前のことですが、以前はホールインワン専門の保険というものが存在していたそうです。

しかし保険金の不払い事件や詐欺事件が発生したことを受けて、近年ではホールインワン専門の保険は廃止され、代わりにゴルフ保険の特約のような形で保障されるようになりました。

日本だけでの慣習だそうですが、ホールインワンまたはそれより難しいと言われるアルバトロスを達成すると、達成したゴルファーが祝賀会や粗品贈呈、記念植樹を行うことがあるそうです。

もちろん、これは強制ではないのですが習慣としてそうすることがあるとのことで、ゴルフをしない方にとっては何ともおかしな習慣だな、と思ってしまいます。

だいたい30万円から100万円くらいまでだそうですが、一般の趣味でゴルフをしている方には大きな出費です。

ゴルフ保険では、そんな急な出費を補償してくれるとのことです。

この保障はゴルフ保険ならではの『「おめでとうございます」

と言われ祝福される、数少ない保険事故』であるということです。

このゴルフ保険はホールインワンだけではなく、それより難しいと言われるアルバトロス(指定打数より3打少なく打つこと)でも祝賀会などの予定外の出費に関して保障をしています。

しかしホールインワンやアルバトロスをしたという事実を証明することができなければ補償を受けることができません。

以前、このホールインワン保険の特徴を悪用した詐欺が行われたため、現在のゴルフ保険では補償を受けるための条件がしっかりと定められ、ひとつでも条件を満たせない場合は補償金額が支払われないことになりました。

そして補償されるのは実際にかかった金額、つまりお金を使うという行為を行わないと補償されないそうです。

したがって領収書が必要不可欠ということになります。

また、ゴルフ保険ではキャディーを付けないセルフプレーでホールインワンあるいはアルバトロスを達成しても補償されることは難しいようです。

セルフプレーでも自分以外のゴルファーの目撃などがあれば補償されることもあるようです。

Comments are closed.