ゴルフ保険の保障内容はかなり細かくなっています

ゴルフをする方、いわゆるゴルファーが加入していたほうがいいという保険がゴルフ保険です。

保障内容は大きく分けると4つに分けることができます。

ひとつは自身が被ったけがや、それに伴う入院・通院費用の保障です。

当たり前のことですが損害保険のひとつなので自身のけがとそれに伴って発生した入院費・通院費の補償をしてくれます。

この場合の保障してくれる範囲はゴルフ場かゴルフ練習場のみがほとんどですが、ゴルフ練習のために自宅で素振りなどをしていて、隣の窓を割ってしまったなどの補償をしてくれるゴルフ保険もあります。

もうひとつは他人に対する保障です。

プレー中に他のプレイヤーにけがをさせてしまった、他のプレイヤーが持っている物品を壊してしまったなど、損害賠償責任に対する保障もきちんとしています。

この損害賠償責任に対する保障は、1日だけのゴルフ保険でもきちんと保障されているものです。

加入した金額に応じて補償金額は変わりますが、とても心強い保険であると言えます。

ゴルフ保険の保障内容の3つ目は自身のゴルフ用品、一般的にはゴルフクラブの破損・曲損(シャフトが曲がってしまう)および盗難の保障です。

この保障には基本的にゴルフ用品のみが適用されることが多く、財布などの貴重品類などゴルフ用品ではないものはゴルフ保険で保障されない場合が多いです。

ゴルフボールに関しても、ゴルフクラブと一緒に盗難されたとわかった場合のみ保障されるようです。

盗難などが発生した場合には、保険金額の限度内ですが修理費など損害を受けた額が支払われます。

最後はゴルフ保険特有の保障と言える、ホールインワンやアルバトロスを達成した時に達成したゴルファーが負担した額を保障する、いわゆるホールインワン保障とも言われるものです。

この保障は、ホールインワンやそれより難しいと言われるアルバトロスを達成したゴルファーが祝賀会や記念植樹を行うため急遽必要となった金額を保障するものです。

しかし負担金を補填する形で手元にお金が戻ってくるわけではないようです。

Comments are closed.